ティム・バートンとジョニー・デップの初タッグ作品「シザーハンズ」

ティム・バートンとジョニー・デップの初タッグ作品「シザーハンズ」

シザーハンズ

 

ティム・バートン監督といえば、「チャーリーとチョコレート工場」や「アリス・イン・ワンダーランド」などでジョニー・デップとタッグを組み、度々話題となってきました。

今回は、そんな二人が初めてタッグを組んだ作品である「シザーハンズ」の内容をおさらいするとともに、本作の魅力をご紹介していきます。

 

奇才二人が生み出す独特な世界観にご注目ください。

 

 

映画「シザーハンズ」あらすじ

 

町から離れた山の上の屋敷で、人造人間のエドワードはひっそりと暮らしていました。

彼の両手ははさみなどの刃物でできています。

これは、彼を生み出した発明家が本当の両手を取り付ける前に絶命したため不運にも刃物を付けたまま生活を余儀なくされているのでした。

 

ある日、エドワードの屋敷に、化粧品売りのペグがやって来ます。

ペグは、自身の刃物でうっかり顔を傷付けるために生傷の絶えないエドワードの顔を見ると、自宅に招き、ご自慢の化粧品をエドワードに塗り始めました。

お礼にエドワードはペグの自宅の庭木をセンス良くカットしてあげました。

すると、その評判は瞬く間に広がり、町中の庭木やペットの毛、さらには女性の髪までカットするようになり人気者となるのでした。

 

そんな中、エドワードはペグの娘であるキムに恋心を抱きます。

キムのボーイフレンドのジムは、そのエドワードの恋心を利用し自分の自宅に侵入させ、親の金を盗むように言うのです。

エドワードは「キムのため」と思いジムの自宅に侵入しますが、警報システムが作動し、駆けつけた警官に逮捕されてしまうのです。

しかし、キムを案じたエドワードが真相を語ることはなく、代わりに町の人々に避けされるようになってしまい・・・。

 

映画のみどころ①ティム・バートンワールド全開の世界観とジョニー・デップ

 

本作では、ポップでメルヘンチックでどこかダークなティム・バートン監督の世界観が存分に表れています。

例えば、劇中に登場する家はどれもビタミンカラーで登場人物たちも原色カラーの服装を身に纏い、エドワードが女性たちの髪型をセットするといずれも斬新なものばかりです。

ペグの家族や町の人々も陽気な人たちばかりで見ていて楽しくなります。

その反面、主人公のエドワードは両手が刃物であるため、人々に恐れられることの恐怖から閉鎖的に生きてきました。

この明と暗の絶妙な加減こそが、多くの人が彼の作品の虜となる一因なのではないでしょうか。

 

そして、その世界観に上手く溶け込み、さらに魅力を加速させているのがジョニー・デップです。

当初はエドワード役としてトム・クルーズの名が上がっていたそうですが、彼はハッピーエンドを望んだため、デップが抜擢されたとのこと。

エドワードの感情の機微から物憂げな表情まで上手く表現しており、結果的に彼がエドワード役で大成功だったのではないでしょうか。

 

 

映画のみどころ②内気なエドワードが人々に受け入れられ変わっていく点

 

エドワードは自身の両手がはさみであるため、人前に出ることすら躊躇っておりました。

そんな中、彼がペグと出会えたことは間違いなく人生の転機だったことでしょう。

ペグや陽気な町の人たちのお陰でエドワードは自分の仕事を見つけ居場所を見出すことができ、それまでの人生が嘘だったかのように日々を過ごしていきます。

 

彼はセンスが良く、町中の庭木やペットの毛を刈り、それを見て感心したペグが「私の髪もお願いできるかしら」とカットを頼めばそれまでに無かった髪型に仕上げたため、町中の女性たちは自分も素敵な髪型にして欲しいとエドワードのもとを訪れるようになり、人気者となりました。

忙しい日々を送るエドワードもとても嬉しそう。

 

その微笑ましさは、是非劇中でご確認ください。

 

 

映画の見どころ③エドワードとキムの恋の結末

 

ペグの娘のキムにはボーイフレンドのジムがいました。

しかし、彼は親のお金を使って夜な夜なキムを含めた友人たちと遊んでばかり。

挙句の果てにはエドワードのキムへの思いを利用して犯罪に手を染めるように仕向けるのです。

そのときからキムの心はジムから離れ、エドワードへと向くようになるのです。

 

キムたちの住む町は、冬でも雪が降りません。

そこで、エドワードはキムを喜ばせようと、はさみで彫刻を作り、その過程で出る雪を見せるのです。

雪の降る中、嬉しそうに踊るキムに身惚れて、エドワードは思わずキムの手を傷つけてしまいます。

エドワードは自身を責めますが、キムは気にせず彼を抱き締めます。

抱き締め返したい彼はしかし、両手が刃物であることからキムを優しく包むことすらできません。

そして、それを目撃したジムはエドワードを罵倒し、町から追い出してしまうのです。

キムはエドワードを追い、その後をジムが追いかけます。

騒動を目の当たりにした住民に野次を飛ばされ、命からがら屋敷へと戻ったエドワード。

次いで到着したキムとジム。ジムはエドワードを殺そうと拳銃を向けます。

それを阻止しようとキムがジムに向かっていくと殴られてしまうのです。

怒ったエドワードはジムを刺し殺してしまいました。

 

町の住民はとうとう屋敷の敷地内まで入ってきて、それに気付いたエドワードとキムは悲しそうに見つめ合います。

そしてキムは「さよなら」と言うとエドワードにキスをして立ち去るのでした。

キムは屋敷内でスペアのはさみを拾うと、追いかけてきた町の人々にそれを見せ、「エドワードはジムと殺し合い、どちらも死んだ」と告げるのです。

彼女は最後にエドワードを守ったのでした。

 

エドワードとキムの恋は切なく、特に二人が抱き締め合えないシーンは見ている側の心が締め付けられます。

それでも物語の最後で、クリスマスの時期になると雪が降るという描写があり、エドワードのキムへの愛がうかがえ、あたたかな気持ちになれるのです。

 

 

映画「シザーハンズ」まとめ

 

奇才ティム・バートン監督とジョニー・デップの初タッグ作品である「シザーハンズ」は、両手がはさみの人造人間エドワードと人間キムの切なくも美しい恋物語です。

二人の恋が実ることはありませんでしたが、数十年経っても二人はお互いを思い合っている様が感じられ、優しい余韻に浸れます。

 

ティム・バートン監督の世界観が詰まった、ポップでメルヘンチックなカラーや造形、陽気な登場人物たちにも是非ご注目ください。

映画(洋画)カテゴリの最新記事