2回以上見た方が楽しめるスパイアクション映画「ソルト」

2回以上見た方が楽しめるスパイアクション映画「ソルト」

ソルト

 

様々なジャンルの映画に出演し確かな演技力と美貌で人々を魅力するアンジェリーナ・ジョリー。

彼女が主演を務め、話題になった映画「ソルト」はアメリカとロシアで暗躍するスパイたちのアクション映画です。

 

この映画は、1回よりも2回以上見た方がより楽しめるのですが、その理由を物語の流れとともにご説明していきたいと思います。

 

 

映画「ソルト」のあらすじ

 

主人公イヴリン・ソルトが夫であるマイクとの結婚記念日に浮かれていると、彼女の所属する機関CIAの元にロシアからの亡命者オルロフが出頭してきました。

ソルトはロシア語に明るいため、オルロフの尋問を任されてしまいます。

オルロフが言うには「旧ソ連の時代に過酷な訓練を受けたスパイたちがアメリカに数多く潜んでおり、アメリカ崩壊の日である『Xデー』が訪れるのを待っている」とのこと。

 

さらに、「近々ニューヨークで行われるアメリカ副大統領の葬儀に出席するロシア大統領にそのうちの一人が奇襲をかけ、暗殺しようとしている」「そのスパイの名前はイヴリン・ソルト」と告白します。

ソルトは動揺し、尋問を見守っていた仲間に「なにかの間違いよ!」と身の潔白を訴えますが、監視下のもと個室で待機するように命じられてしまいます。

彼女は夫のマイクの安否が気になり、彼に電話をするも繋がらず、そのことを同僚のテッドやピーボディや仲間たち訴えても彼女を解放してくれません。

 

マイクの安否を確認するべく彼女が取った行動は、CIAのビルからの脱出でした。

 

 

映画「ソルト」のネタバレ①ソルトは二重スパイだった!

 

ソルトはCIAの手から逃れるために咄嗟に武器と薬品を組み合わせて追手を翻弄したり、監視カメラなどの小さな的も確実に拳銃で打ち抜いたり、自身よりも大柄で屈強な男性を肉弾戦で圧倒したり、挙句の果てには逃走するためにトラックに飛び乗り、走行中の別のトラックに飛び移るなど様々なアクションシーンを披露します。

その驚くべき身体能力や武器の扱い、爆弾の生成能力などを駆使してCIAの手から逃れることに成功しますが、これは彼女がソ連の極秘のスパイ養成計画である「KAプログラム」でスパイとしての技術を徹底的に磨き上げ、訓練を重ねてきたからだったのです!

 

つまり彼女は、アメリカでCIAに所属していながら、実はスパイとしてXデーが訪れるのを待っていたのです。

同僚たちも、初めはソルトの身を守るために彼女を確保しようとしていましたが、彼女が仲間を攻撃してきたことで敵とみなし、彼女を警戒するようになります。

 

そして、ニューヨークにソルトが訪れると睨んで警戒網を張るのでした。

 

 

映画「ソルト」のネタバレ②ソルトの暗躍

 

ソルトはロシア大統領暗殺のためにニューヨークに前入りします。

ロシア大統領の演説が行われる境界の近辺や地下鉄などを念入りにチェックし、ブロンドの髪を黒に染め、コンタクトや歯を変えました。

そして、当日。彼女はまず地下鉄車内で煙を焚き、騒ぎが起こっている間に教会の地下に潜入します。

 

監視役を圧倒し、大統領が演説を行っている真下を爆破し、落下してきた大統領を暗殺するのです。

そこへ駆けつけてきたピーボディを見ると、彼女は武器を捨て大人しく捕まります。

しかし、護送中の車内で暴れ、車は高速から道を外れ下道に落下。騒ぎが起こっている間に、ソルトはその場から脱出します。

 

彼女が向かった先はロシア。KAプログラムで共に訓練を受けた仲間たちの居る隠れ家でした。

その頭であるオルロフは、ソルトを見ると抱き締めます。

そして、ロシア大統領暗殺によってロシア人の反米感情が高まっていること、近いうちに両国が潰し合いをする可能性があることを喜びます。

 

隠れ家に迎え入れられたソルトは、そこで拘束されている夫マイクと再会するも、彼はすぐさま射殺されてしまいます。

ソルトは動かなくなったマイクをしばらく見つめて「これで満足?」と冷ややかに言いますが、そんな彼女をよそに、仲間たちは大仕事をしてきたソルトを称え、祝杯を上げました。

ソルトは新たな任務を聞くためオルロフと別室に移動し、計画を聞いたのちに彼の隙をついて殺害します。

さらに隠れ家に居る仲間たちも全員始末するのです。

 

ソルトは聞いた計画に沿い、NATOの将校としてホワイトハウスに潜入するため再びアメリカに移りました。

 

 

映画「ソルト」のネタバレ③ソルトはアメリカ側?ロシア側?その結末とは

 

髪を短く切って将校としてホワイトハウスに潜入したソルトは、地下の司令室に向かいます。

司令室にはロシア側がミサイルの発射準備の兆候を確認したとして、閣僚や大統領さらにCIAの職員としてテッドが居ました。

核ミサイルを発射すべきか議論が交わされる中、テッドは突然銃を構えると、大統領以外を射殺してしまいます。

 

実は彼はソルトと同じKAプログラムで訓練を受けたスパイだったのです。

司令室の外までやってきたソルトはテッドが仲間であったことを知ると「何故教えてくれなかったの?」と言いつつも和やかな雰囲気に。

しかし、ソルトによって暗殺されたはずのロシア大統領は、実は蜘蛛の毒で仮死状態であった報道が流れたり、オルロフたちに命じてマイクを拉致し殺害させた首謀者はテッドであったことが判明するなどしてその場の緊張が高まります。

 

テッドはソルトの夫マイクが原因で彼女がロシアを裏切ったことを指摘し、彼女を敵とみなすとすぐさまミサイル発射の準備に取り掛かります。

警備システムを破壊し、司令室に入ったソルトはそれを阻止しましたが、到着した警備隊によって身柄を拘束されてしまいます。

 

護送中のヘリの中、彼女の手綱を握るのは彼女を二度も取り逃したピーボディでした。

しかし、彼女がロシア大統領演説の時に本当はピーボディや大統領を殺せていたことや、テッドは本当はスパイだったこと、KAプログラムで訓練を受けた仲間を排除したことを指摘し、自身の本当の目的は今もなおアメリカに潜伏し、彼女の家族を奪ったロシアのスパイたちに復讐することだと話します。

 

ピーボディはヘリが湖に差し掛かったところで彼女を取り逃した体を装い、ソルトの逃亡を手助けしました。

走って逃げるソルトが映し出され、この映画はエンディングを迎えます。

 

ソルトは結果的にアメリカ側についた、ということになりますが、何故彼女はそうしたのでしょうか。

それはテッドが彼女に言った「マイクを愛したこと」に起因するのかもしれません。

ソルトは、初めはアメリカ社会に溶け込むためにマイクと結婚しましたが、彼女は本当にマイクを愛してしまったため、アメリカ側についたことが推測されます。

 

いずれにせよ、一度見るだけではその鮮やかなアクションシーンばかりに気がいき、彼女はアメリカとロシア側の人間なのか最後まで分からない方も少なくないと思いますので、二回以上見ることをおすすめしたい映画です。

 

ちなみに、この映画はエンディングがあと二つあり、一つは本当は生きているソルトが死んだと公表され、彼女の捜索を打ち切られたというもの。

 

もう一つは、彼女の家族やマイクを奪ったスパイたちに復讐を果たしたというものです。

 

気になった方はこちらもチェックしてみてください。

 

 

映画「ソルト」まとめ

 

スパイアクション映画「ソルト」は、派手なアクションシーンが目立ちますが、ソルトがアメリカとロシアどちら側の人間なのかという点や、彼女の本当の目的について思考することでより楽しめる映画となっています。

 

そして、一度見るより、2回以上見た方がソルトの意向に気付くことができるためおすすめです。

映画(洋画)カテゴリの最新記事