劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」の人気をアニメ版と共に紐解いていきます

劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」の人気をアニメ版と共に紐解いていきます

鬼滅の刃 無限列車編

 

2019年にテレビアニメ化されるや否や老若男女問わず人気に火がつき、社会現象ともなった鬼滅の刃ですが、原作が連載を終えたにも関わらず、その人気は止まるところを知りません。

さらに2020年秋に公開された劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」は公開から3日で興行収入46億円を突破するという日本映画史上最速を記録しており、この人気は普段アニメに触れない層にも行き渡っているようです。

 

何故このような人気が出たのか、アニメ版と劇場版を紐解いていきたいと思います。未視聴の方は是非ご参考にしてみてくださいね。

 

 

「テレビアニメ 鬼滅の刃」のあらすじ

物語の舞台は人食い鬼の蔓延る大正時代。

炭を売って生計を立てる少年竈門炭治郎(かまどたんじろう)は、その日も炭を売りに町へでかけました。

ところが彼が家に戻ると家族は鬼に殺されており、唯一生き残った妹の禰豆子(ねずこ)は鬼にされてしまっていたのです。

 

そんな炭治郎と禰豆子のもとに現れた謎の青年の助言もあって、二人は鱗滝左近次という「育手」のもとに身を寄せ、禰豆子を人間に戻すためには元凶である鬼を倒す必要があることを知るのです。

 

炭治郎は二年間修行し、「最終選別」と呼ばれる試験に合格し、鬼を退治するための組織「鬼殺隊」に入隊し、様々な任務に向かうことになるのです。

 

 

「テレビアニメ 鬼滅の刃」のみどころ:炭治郎の人柄と兄妹愛

炭治郎は良くも悪くも心優しい少年です。

例えば、人間を食べてしまう鬼を鬼殺隊を始めとする人間たちはよく思っておらず、特に家族を奪われた者は憎悪を抱いています。

一方、炭治郎は家族を奪われ、妹も鬼にされてしまったにも関わらず、鬼がもともと人間であったこととそれぞれの事情があって鬼になってしまったことに対して情を持ち、なるべく苦しまないように倒そうとするのです。

 

そんな炭治郎を見た、鬼殺隊の中でも最高格と呼ばれる「柱」の一人富岡義勇は、「鬼に情けをかけるな」と言いますが、炭治郎は「鬼にも敬意を払うべきだ」と彼に言うのです。

そんなお人好しな彼の性格が災いする時があるのかもしれませんが、その優しさに多くの視聴者が心を打たれたことでしょう。

 

ところで、炭治郎は妹の禰豆子を背負い、常に行動を共にしています。

これはたった一人の家族と二度と離れたくないという思いがあり、一緒にいる方が安全だと考えたからです。

 

禰豆子も兄の意思に応えるように鬼と遭遇した時には兄を守るようにして戦います。

その健気な兄妹愛は、幅広い世代の支持を得て人気に繋がったのかもしれません。

 

 

劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」のあらすじ

炭治郎は同期である我妻善逸(あがつまぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびらいのすけ)と共に新たな任務に向かいます。

それは短期間で40人以上が行方不明になった列車の調査でした。

 

彼らは列車に乗り込み、既に到着していた柱の一人煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)と合流しました。

煉獄は一言で言えば明朗快活な青年で、炭治郎たちに「弟子にしてやろう!」と言い放つくらい面倒見の良い兄貴肌の持ち主でした。

車内に出てきた鬼を瞬く間に倒してしまうほど強さを持ち、炭治郎たちは彼を慕うようになります。

鬼が片付いたところでひと眠りしている炭治郎たちの前に現れたのは主犯格の鬼魘夢(えんむ)によって操られた人々で、彼らは炭治郎たちの夢に入り込んで人格を破壊しようと迫るのでした・・・。

 

劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」の見どころ:映画の中枢と言える煉獄の人柄

鬼滅の刃は炭治郎が主役の物語ではありますが、この劇場版では煉獄にもスポットライトが当てられています。

彼は一見明るくさっぱりした青年に見えますが、実は幼少期に母を亡くし、剣士であった父は廃人同様となり、彼が鬼殺隊に所属していることに対して否定的です。

 

それでも煉獄は、弟の千寿郎(せんじゅろう)には「寂しくとも生きていこう!」と強い兄としての振る舞い、導こうとします。

この兄貴肌は炭治郎たちに対しても健在で、出会って間も無くして炭治郎たちに「兄貴」と呼ばせてしまうほどでした。

さらに彼は数々の名言を残しています。

 

例えば、鬼の中でも強いと言われている「上弦の鬼」の一人猗窩座(あかざ)が突如襲来し、煉獄と激闘を繰り広げると、彼の強さを認めた猗窩座は鬼になるよう勧めます。

鬼になれば肉体が滅びることはなく、戦って傷つくこともないからです。

しかし煉獄は「老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさ」としてその勧誘を撥ね除けるのです。

 

また、炭治郎たちに対しては「胸を張って生きろ」「後輩の道を切り開くのが上の勤め」など社会に出ている人にとっては「こんな上司が欲しい!」と思えるくらいの先輩力が彼の魅力で、若い世代を中心に人気を集めていますが、彼より年上の層からは「後輩に対しての対応などを改めて考えるきっかけになった」という方も出てくるなど、多くの人々に影響を与え続けています。

 

 

鬼滅の刃の今後は?

これまでに映像化されたものは単行本でいうとテレビアニメが1〜6巻、劇場版が7〜8巻であり、原作は全23巻ですから、今後はどのような形で映像になるのか注目されています。

劇場版を見るために久しぶりに映画館に足を運んだ、という方も多くおり、映画業界の盛り上がりという観点からも続けて映画化されるのでは?という期待もあるようです。

 

迫力あるシーンの数々は映画化でしか表現できないところもありますから、今回の劇場版は映画館に足を運んで映画を見る良さを再認識することにも繋がったのではないでしょうか。

 

 

鬼滅の刃 まとめ

日本のみならず世界中で人気の高まる鬼滅の刃。

その劇場版は日本映画の歴史に名を刻むほどの大記録を打ち立てており、今後も映像化される度に注目される作品となるかもしれません。

 

ここまで人気が出た理由としては、誰もが共感できるような兄妹や家族の絆が描かれていたり、劇場版で脚光を浴びた煉獄のような個性溢れるキャラクターに惹かれた方が多いからなのではないでしょうか。

時々「人気作品ほど見ない」という方がおられますが、この作品は老若男女問わず世界観に入り込むことができますし、深く考えさせられる物語となっています。

 

未視聴の方は、是非本作に触れてみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事もどうぞ!

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のあらすじやネタバレについて

映画(アニメ)カテゴリの最新記事