映画「こんな夜更けにバナナかよー愛しき実話」のあらすじやネタバレについて

映画「こんな夜更けにバナナかよー愛しき実話」のあらすじやネタバレについて

こんな夜更けにバナナかよー愛しき実話

 

自分にはどうせ無理だ。才能がないからできるはずないと、夢を諦めた経験はありませんか。

小さい時「自分は○○になりたい!」と生き生きと夢を語ることができたのに、大人になってから自分の実力や現実に絶望し、妥協を重ねた不完全燃焼な人生を歩んでいる人も多いかもしれません。

 

今回はそんな夢を諦めた少女美咲と、難病にかかりつつも前向きに行き続ける障がい者鹿野の関わりを描いたノンフィクション映画「こんな夜更けにバナナかよ-愛しき実話」のあらすじやネタバレをご紹介します。

 

 

映画「こんな夜更けにバナナかよー愛しき実話」のあらすじ

 

 鹿野靖明は全身の筋力が徐々に落ちていく難病「筋ジストロフィー」を患う障がい者。

34歳の彼は病気の影響でほとんど身体が動かせず、ボランティアの人の介助がなければ、生きて行けない状況でした。

しかし、彼は病気に落ち込むことなく「僕が生きていることが他の障がい者たちの希望になる!」と前向きに生きていました。

 

ある日、ボランティアの医大生田中久の彼女である、安堂美咲が鹿野の自宅を訪れます。

彼女は田中がボランティアばかりで、中々デートをしてくれないため、いてもたってもいられなくなり、彼の元を訪れたのです。

 

しかし鹿野は美咲を新人ボランティアと勘違いしてしまったため、彼女はそのまま彼のボランティアとして働くことに。

ところが鹿野は常にわがままで、美咲たちボランティアを振り回し続けます。

アダルトビデオを買いにいかせたり、夜中まで晩酌に付き合わせたり、夜更けにバナナを買いに行かせたりと、彼は毎日やりたい放題。

 

美咲はそんな鹿野に最初こそ反発しますが、ポジティブでどこか憎めない彼に次第に惹かれていきます。

 

映画「こんな夜更けにバナナかよー愛しき実話」のキャスト

 

 監督:前田哲

主な監督作品 「極道めし」、「王様とボク」、「ぼくの好きな先生」など

 

鹿野靖明:大泉洋

主な出演作 「恋は雨上がりのように」近藤正己役、「しあわせのパン」水縞尚役など

 

田中久:三浦春馬

主な出演作 「恋空」桜井弘樹役 「君に届け」風早翔太役

 

安堂美咲:高畑充希

主な出演作 「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」河野さやか役、「DESTINY 鎌倉ものがたり」一色亜紀子役など

 

野原博子:原田美枝子

主な出演作 「レオニー」津田梅子役、「世界から猫が消えたなら」母さん役など

 

 原作:渡辺一史作 「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち 」

 

 

映画「こんな夜更けにバナナかよー愛しき実話」のネタバレ感想

 

美咲は、鹿野と次第に仲良くなっていき、ボランティアにも精力的に取り組むようになります。

そんなある日、美咲は田中に今後の将来や結婚について話し合わないかと切り出されます。

喜ぶ美咲でしたが、彼女には彼に1つの秘密があったのです。

 

美咲は教育学部の大学に所属する大学生といって彼と付き合っていましたが、それは彼に出会った合コンで見栄を張るためについた真っ赤なウソだったのです。

実際の美咲はカフェのアルバイト店員。

しかし、教師になりたかったのは本当で、大学受験に失敗したことがきっかけで、夢を諦めていたのです。

流石に結婚を考えている相手にウソはつき続けられないと観念した美咲は、田中に本当のことを打ち明けます。

しかし彼は目に見えて落ち込んでしまったため彼女は逆切れ。そして、そのことがきっかけで彼と気まずくなってしまいます。

 

それからしばらくたって、美咲は鹿野にも本当のことを打ち明けます。

すると鹿野は「それならウソを本当にしてしまえば良いじゃないか。

僕は34歳だけど、英検2級を取ってアメリカに行く夢を叶えようと奮闘中だよ。」といって朗らかに笑いました。

その言葉に励まされた美咲は、再び教師になる夢を叶えるべく、受験勉強を始めることに。

 

 その後美咲は鹿野のボランティアにカフェのアルバイト、受験勉強を両立しながら忙しい日々を送っていましたが、ある日、彼女の元に突然鹿野が倒れてしまったという連絡が来ます。

鹿野はどうなってしまったのでしょうか。そして美咲と田中の関係はどうなるのでしょうか。続きはぜひ実際に観てみてください。

 

この映画の魅力は楽しく前向きに生きようとする鹿野の生き様に勇気をもらえる所です。

日常生活を送るのすら難しい状況の中で、夢や希望を語り、奮闘していく彼の姿を見ていると、「自分も頑張ろう!」いう気持ちになれます。

 

また、作中「なぜ障害があるのにそんなに偉そうなの?」「かわいそうだから、ボランティアに参加したのに、鹿野さんって毎日楽しそうだからやる気がなくなった。」と登場人物たちが鹿野をなじるシーンが度々出てきます。

そんな姿を見ていると、「障がい者=不幸」「障がい者=かわいそう」という考え方がいかに障がい者の人を傷つけ、生き辛くしているのかが分かります。

そして「障害があってもなくても、人はしあわせに楽しく生きる権利がある。

 

できないことがあるのであれば、お互いに助け合い出来ないことを補いながら生きていけばいい。」この作品は、そんな当たり前のことに気づかせてくれます。

 

 

映画「こんな夜更けにバナナかよー愛しき実話」の口コミ評価

 

 3.88(Yahoo!Japan映画より引用)

 

センシティブな部分まで赤裸々に描き出しているため、レビューは賛否両論のものとなっていました。

しかし、彼の生き様を見て前向きな気持ちになったという人が多かったです。

 

 

映画「こんな夜更けにバナナかよー愛しき実話」はこんな人におすすめ

 

この作品は、難病と闘いながら前向きに楽しく生きようとする鹿野と、振り回されつつも彼に元気と勇気をもらうボランティアの人々の様子がリアルに描かれています。

そのため、いかのような人におすすめです。

 

・ネガティブに物事を捉えがちな人

 

・夢を諦めるかどうか迷っている人

 

・障がい者の人を助ける活動に興味がある人

 

 

映画「こんな夜更けにバナナかよー愛しき実話」まとめ

 

今回は、「こんな夜更けにバナナかよー愛しき実話」のあらすじやネタバレについてご紹介しました。

この作品は、筋ジストロフィーという難病にかかりながらも前向きに生き抜いた、鹿野靖明さんの人生を描いたノンフィクション映画です。

 

身体が動かない中で夢に向かって努力したり、ボランティアの人々を振り回したりしながらも楽しく生きる彼の姿に勇気をもらえること間違え無しの名作です。

 

現在Amazon Prime VideoやHuluなどで配信中のため、気になる人はぜひ観てみてはいかがでしょうか。

映画(邦画)カテゴリの最新記事